ヒアルロン酸とアンチエイジングと効果・効能って!?

アンチエイジングというのは「老化防止」の事を指します。
ですが、老化防止というだけであって、老化は決して止めることはできません。
女性なら特に老化を嫌がる方は多いですが、その老化を少しでも遅らせようというのがアンチエイジングです。
そして、そのアンチエイジングに効果的な成分の1つに、ヒアルロン酸が上げられます。
ヒアルロン酸は人間の体内の様々なところにあり、重要な役目をしています。
肌で言えば、張りや潤いを保ってくれていますし、関節では潤滑液の役割を担ってくれています。
そんなヒアルロン酸ですが、年齢を重ねるごとに減少していってしまいます。
ヒアルロン酸が体内から減少してしまうと、肌から張りや潤いが失われ、シミやたるみの原因にもなってしまいます。
また、ヒアルロン酸が減少してしまうということは、関節の潤滑油が減少するということですから軟骨がすり減ってしまい、体中の関節が痛み出してしまいます。
そんな事態を防ぐためにも、年齢を重ねるほど意識的にヒアルロン酸を摂取する必要があるのです。
摂取する方法は様々あり、ヒアルロン酸入りの化粧水やクリーム、直接ヒアルロン酸を注入する方法などもあります。
ヒアルロン酸には様々な効果があり、そのどれもが人間の体において重要な役割があります。
美容でいえば、赤ちゃんの肌がスベスベで綺麗なのはヒアルロン酸のおかげだと言われています。
その他にも、ヒアルロン酸は皮膚の中の真皮層と言われているところに多く存在しているのですがコラーゲンもこの真皮層に多く存在し、ヒアルロン酸と密接な関係があります。
コラーゲンが変質してしまうと、肌が傷んでしまうのですがヒアルロン酸は、このコラーゲンを守る役割があります。
また、ヒアルロン酸には老廃物を排出したり、栄養素を運搬する役割もあります。
健康に関していえば、ヒアルロン酸は骨と骨の間にある軟骨を構成する成分の1つです。
それだけでなく、軟骨がスムーズに動くための潤滑油の役割も果たしています。
なので、ヒアルロン酸が減少してしまうと軟骨がすり減ってしまい関節炎の原因になってしまいます。
また、ヒアルロン酸が関節痛の痛みを軽減する物質の分泌を促す効果があると言うレポートもあります。
このように、ヒアルロン酸は人間とは切っても切れない大変重要な成分といえるでしょう。
ですがヒアルロン酸は、20歳を超えたぐらいから減少していってしまいますので日頃から意識して摂取しないと、年齢を重ねると共に体の節々が痛み出すといった事になりかねません。

ビハキュア 販売店

あえてお客を迷わせるセールス手法

今の時代、なかなか財布のひもを緩めてはくれないのがお客さんです。
吟味に吟味を重ねて買い物をするおが当たり前に時代です。
たしかにあなたの商品を衝動買いしてくれることに越したことはないのですが、それには「ブーム」や「圧倒的な他社製品との差別化」「圧倒的な価格の安さ」などとても乗り越えられないハードルがありあmす。

そこで少し視点を変えて
「あえてお客を迷わせる」という手法も知っておいてください。
明治製菓の例を紹介しておきます。
この明治製菓はあるチョコレートを3種類同時発売しました。
ひとつはカカオ成分72%
二つ目はカカオ成分86%
三つめはカカオ成分99%
そこで明治製菓は「チョコレートのカカオ効果」という切り口でキャンペーンを行いました。
最初から3つすべてを買う人は少ないかもしれm線。
例えばカカオ72%のチョコレートとカカオ99%のチョコレートを買った人がいるとすると、次は86%のチョコレートが気になってきます。
あるいはカカオ99%のチョコレートを買った人は「やっぱり苦すぎるな」と次はカカオ86%のチョコレートやカカオ72%のチョコレートが気になってきます。
要はメーカーにとっては販売コストは変わりません。
どれが売れてくれても万々歳です。
結局は普段チョコレートなんてひとつくらいしか買わない人が3つも買ってくれるのですから、このキャンペーンはそのあたりを考えているのですね。
3倍といっても、もともとチョコレートなんて興味がなかったお客に「チョコレートのカカオ効果」という切り口で3つも買わせたことになるのですから流石かもしれません。

お客は「迷ったり悩んだ時点で購買意欲がそそられる」ということなんです。
商品名も「チョコレート効果」という一見チョコレートを購入しようとする顧客からは少しずれています。
そして、このカカオ99%の商品だけ少しサイズを小さくしてあらに高級感のあるものしています。
その点もますますお役が悩むポイントを演出してます。
私が買ったカカオ99%のチョコレートはもはやチョコレートとはいえないほど苦かったですけどね(個人的な感想)
商品名に「チョコレート効果」というネーミング
さらには
「バリエーション効果」これも数字を使ったうまいキャンペーンですね。
なにかあなたのビジネスに生かせるポイントはありませんか?
あえて、お客を迷わせる商品構成も時には有効なんです。
でも、トリッキーなので長続きを期待してはいけませんけどね
ゴミ屋敷 片付け コツ

銀行員はお金を定期預金には預けない

銀行員は一生懸命顧客に「定期預金」をすすめてくるのですが
実は銀行員自身は自分のお金を定期預金には預けないという現実をご存知でしょうか・
普通預金の残高がある程度ある顧客
ボーナスが入る時期
損なタイミングで銀行員はわざわざ訪問してきてまで定期預金を勧めてきます。
「普通預金に置いておくよりも有利ですよ」
これはその時の常套句ですよね。

今のメガバンクの定期預金は1年物で0.002%です。
1年 百万円を預けて2000円です。
確かに「定期預金に預けていたら安心」というイメージはありますが、ただそれだけです。
減りはしないけど増えはしない!ということなんです。
1980年代後半から1990年前半くらいまでの定期預金の金利は年5.0%
100万円を預けたら1年で105蔓延になっていたのです。
その時代には、複利で預け続けていれば十数年で倍になる?
そんな期待すらできる時代だったのです。

■72の法則
72の法則
それは「72を金利の数字で割って出た答えが、預けたお金が倍になるまでの年数」
という法則で。
例えば1990年代頃の定期預金の金利5%ならば
72 ÷ 5 = 14.4
つまり14年くらい預け続けていればほぼ倍になるという試算ができます。

しかし、今の定期預金の金利は0.002%
72 ÷ 0.002 = ?????? 
計算しようとしましたが止めておきます。
少なくとも今預けたら私が生きている間どころか孫・ひ孫の時代いなっても無理でしょうね。

■ 銀行の破綻リスク
定期預金は安全
ただの金庫替わりに使う方がほとんどでしょう。
しかし、今は何があるかわからない時代です。
確かに今までは銀行がつぶれることはありませんでした。
潰れそうになるとどこかの銀行に吸収合併させtらり公的資金投入でてごまかしてきました。
しかし北海道拓殖銀行など銀行の破綻は決してないとは言えない時代になってkぃています。
そのために預金保険制度という預金者の保護される制度はありますが、それも1000万円まで元本までです。

■金利とリスクを考えたら定期預金以外の金融商品だが・・・
定期預金の金利とリスクを考えたら、他の金融商品が有利なことは間違いありません。
でも今の日本ではそんな情報がまったく得ることが出来ないのです。
そちらの方が問題かもしれませんね。
田舎 空き家 火災保険

諸外国では小学校の時代からお金を増やすことの勉強が盛んです。
あえてまだ幼い子供に少額のお金を預けて運用の練習をさせる親もいるくらいです。

保険会社の保険を見直してお金を増やす

お金を増やしている人が入っている保険は意外と共済や掛け捨ての保険しか入っていないことって多いんです。
金融関係の人は保険会社がいかに儲かっているかをよく知っています。
どこの生命保険会社も都心の超一等地にピッカピカのきれいなところにビルを構えています。
それだけでも生命保険会社がどれだけもうかっているかわかることでもあります。
また生命保険会社で働く方々の給料は高収入の金融業界の中でも特に高いことはよく知られています。
ということは・・・・

■生命保険会社の勧めてくる商品ほど自分たちがよく儲かる商品であることが多い
これはなにも生命保険会社に限ったことではありません。
金融業界では自分たちの儲かる商品を売ることに躍起になっているのはどこも同じです。
銀行であれば
・投資新滝うの販売
・クレジットカードの紹介
みんな同じ発想で顧客に強くすすめてくるのです。

そんなからくりがよくわかっているお金を増やす人ほど、生命保険会社が進めてくる商品、特に貯蓄型生命保険はあまり入っていません。
基本的に「生命保険は必要最小限のものでいい」と考えている方がほとんどです。
しかし、これとは逆にお金があまり増やせない人ほどたくさんの生命保険に加入しているものです。
お金を増やせる人がなぜ「生命保険は必要最低限でいい」というのが以下の3つのポイントです。

①団体信用生命保険
住宅ローンの返済途中に脂肪・高度障害になった場合に本人に代わって住宅ローン残高支払ってくれるせう名保険です。
これに入っておけば万一の場合でも少なくとも家族には家を残すことが出来ます。
多額の生命保険は不要だということです。

②遺族基礎年金
世帯主が死亡した場合に遺族に給付される公的な年金制度です。
日本は諸外国に比べても手厚い内容となっています。
これを考えればますます高額な生命保険が不要であることも言えます。

③高額医療制度
医療費が100万円かかる治療を受けても、一般的な所得層なら月額9万円の負担で済む制度です。
これがあるので高額な医療保険に入る必要性を見直すべきかもしれません。
オリーブスマートイヤー お試し 口コミ

結論から言うと
「学資保険」
「養老保険」
など積み立て型保険に入る必要性はあまりないのです。
預金が超低金利時代の今、保険も同じく超低金利です。
さらに中途解約すると大損もします。
ですから目的や使用時期が明確でない保険はあ、ありお勧めできないのです。
唯一のメリットといえば、年末調整や確定申告で若干の節税対策になることくらいです。

お金を増やすにはどうすればいいの?

2020年はコロナで振り回される年になりそうです。おそらく2021年まで続くと思います。自粛で経済が停滞して仕事が激減している人も多いと思いますが、2020年9月には日経平均株価はコロナの騒動前の状態に戻りました。これはどういうことなの?訳が分かりません。お金を持っている人は、余るくらいあり投資に回しているのでしょうか。投資のことはよくわかりませんが、私の仕事も激減しています。サラリーマンなので今のところは給料はもらえていますが、これだけ仕事が少なくて会社は大丈夫なのだろうかと心配しています。個人経営のお店とか大変だと思います。収入がないのに固定費は出ていく状態。サラリーマンもリモートで仕事する人も多くなり、私も5月は半分休みになりました。といっても有給が使われました。毎年、捨てていた有給なので今年は全部消化できそうです。

自粛で外にも出かけにくいし、このまま会社に依存した生活ではいけないと感じて副業を始めることにしました。政府も副業を推奨してい大企業では副業を認めるところも多くなってきました。これからの働き方が変わっていくのかもしれません。時代の流れには乗った方がいいと感じました。

でも何ができるかなと思った時、ブログで稼げることを知りました。
ブログなら資金もいらないし時間を切り売りするような労働ではないので仕事をしている間も稼げると思いやってみることにしました。調べてみると、無料ブログでなく自分でドメインを取得してブログを構築するのがいいとあったので、サーバーを借りて始めてみました。でもわからないことだらけでした。でも今は無料で情報が手に入ります。いろいろ調べてみてなんとか人生初のブログをはじめました。調べれば調べるほど人により言っていることが違ったり、わからない部分が次々と出てきました。なかなか強敵です。失敗と試行錯誤を繰り返しました。ちょっとお高い情報商材も買ってしまいました。やはり先輩ブロガーさんの下で修業したほうがいいと思い、いろいろさがしました。でも良さそうと思うところは費用が高くてダメでした。

独学でブログをやっていましたが、まったく反応がありません。現在はgoogleも進化していて難しい時代になっているようです。どこかでノウハウを得ないと間違った方法でやっていても結果が出ないと挫折してしまいそうです。同じように考えている人は多いと思います。仲間が多いと心強いです。

少しでも力になれればうれしいです。中高年とお金の話