債券投資利回りと利息の違いってなに?

債券とは主なものに国際だったり社債というものがあります。
これは発行者の借用証書としても役割もあります。
ですので債権が借用書所であるならば元本(債務者が返済しなくてはならない金額)だけではなく、利息の額や利息の額を計算する計算方法が記載されているはずです。
利息の計算方法は一般的に「利率」のことで「元本×利率(年利)×利息期間」で利息の額が計算されます。
例えば
元本100万円
利率2%
利息支払いが半年に1回
だとすると
1回あたりの受取利息の金額は
100万円×2%/年×0.5年=1万円
となります。

そこで、「この路側は少ない」と考えたとします。
この債権が魅力のあまりない投資対象として考えるのであればこの債権を売却することもできるのです。

そこでこの債権を売却するのにいくら値下がりするのでしょうか?
それはその債権を保有することで得られる利息の額があっても、その債権が十分な投資対象としての魅力があるところまで値下がりします。

■ 利回りという考え方
債券を保有することによって得られる「実質的な利息」を元本にたいする年率で計算したものを「利回り」といいます。

利率2%
償還期間5年
であればトータル10万円尾利息が入ります。

そこでその債権に人気がなくなって額面100万円の債権の売却価格が98万円になったらどうなるのでしょうか?
5年間で受け摂る利息は同じ10万円
98万円で債券を購入した側にすれば償還されると2万円が元本の増加分として加わりあmす。
儲けを加えた金額で計算し直せば2%が2.4%になります。
逆にその債権の人気が高まり額面以上の金額101万円になると
受け取る利息は10万円
元本の減りが1万円
利回りと計算すると1.78%になります。

■ 利回りと債券価格は1対1
一般的な固定利率付き債券
つまり、利息の額が原則毎回同じ債権では価格が決まれば利回りは計算できます。
しかし、この関係は逆から見ても同じことがいえます。

債券は借用証書としての役割もあるのですから、債券を買う人はお金を貸して利息を稼ごうとしているのです。
貸したお金がどの程度の率で子息が得られるか?が最大の関心事です。
ということは
債券は価格よりも利回りが重視される
ということになります。

固定利付債券では
「利回りが上がれば価格が下がる」
「利回りが下がれば価格が上がる」
という関係にありあmす。
なかなか頭がこんがらがるのが債券投資の考え方ですが敷かk離理解しておきましょうね。
カイポケ 料金

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です