お金を稼げる人の「考えるためのツール」は?

い金もうかが美味い人の特徴
されはうまくノートや手帳を使いこなしています。
つまり考えるツールとしてノートや手帳を使っているのです。

このノートの中には手帳も含みます。
どんあものでもいいのですが、いつでも何かに掛ける状態を作る
これが大切で重要なことなんす。

まず最初はうまくスケジュールを管理するということです。
これはお芋に手帳の役割です。
手帳は過去のためのものではなく、未来のことに使うものです。
手帳を備忘録やメモにするだけでなく、なにか新しいアイデアやひらめきがあったら即座にメモすることが重要です。
また未来のスケジュールの管理だけでなく今後の計画や夢や目標も再確認するためにも使いましょう。
私の場合は、1日の予定表を書きだし、それが終わった後でその日にやることひとつずつチェックしていくという使い方をしています。
こうすることで時間をコントロールできます。

記憶ツールとして単語帳的に手帳やノートを使うことも有効です。
今の時代からすればかなりアナログ的かもしれませんが、私にはそのほうが効果的のように思います。
デジタルツールと違って起動に時間が必要でもなく、』すぐに取り出せるのでスキマ時間の油工活用には最適です。
私はこれで宅地建物取引士の資格を短期間の勉強で1回の試験で取得できました。

手帳やノートの使い方のポイントは私はビジュアルにあるのではないかと考えています。
表や図、絵などを積極的に取り入れています。
人間の頭の中には三次元的な立体的鵜な思考方法だと思います。
だからノートや手帳には、その脳のイメージをそのまま手帳やノートに書き出す感じで、なんでも立体的員記録するようにしています。
パソコンのほうがきれいに作れるのですが
横書き
縦書き
位置の変更
などなどまだまだ手書きのほうが脳のイメージをそのまま書く いや描くといったほうがぴったり来ます。

アイデアやひらめきをそのまま記録しておくには手書きのほうが勝っています。
なぜなら需要なアイデアやひらめきはきちっとした形をまだ持っていません。
なんとなくモヤァ~としたままです。
それを書きだすにはやはり手書きに限ります。

また文字だけでなくイラストなども併用すれば飲み込みや理解が早くなります。
自分で図や表を作ることで考えがまとまるのです。

いまはやりの何でもデジタル化が時代の先端の世に言われていますが、アナログのほうがかえって孤立的
急がばまわれかもしれません。
スマホで何でもできる時代だからこそ
アナログに戻る勇気も大切です。

離婚住宅ローン対策センター