あえてお客を迷わせるセールス手法

今の時代、なかなか財布のひもを緩めてはくれないのがお客さんです。
吟味に吟味を重ねて買い物をするおが当たり前に時代です。
たしかにあなたの商品を衝動買いしてくれることに越したことはないのですが、それには「ブーム」や「圧倒的な他社製品との差別化」「圧倒的な価格の安さ」などとても乗り越えられないハードルがありあmす。

そこで少し視点を変えて
「あえてお客を迷わせる」という手法も知っておいてください。
明治製菓の例を紹介しておきます。
この明治製菓はあるチョコレートを3種類同時発売しました。
ひとつはカカオ成分72%
二つ目はカカオ成分86%
三つめはカカオ成分99%
そこで明治製菓は「チョコレートのカカオ効果」という切り口でキャンペーンを行いました。
最初から3つすべてを買う人は少ないかもしれm線。
例えばカカオ72%のチョコレートとカカオ99%のチョコレートを買った人がいるとすると、次は86%のチョコレートが気になってきます。
あるいはカカオ99%のチョコレートを買った人は「やっぱり苦すぎるな」と次はカカオ86%のチョコレートやカカオ72%のチョコレートが気になってきます。
要はメーカーにとっては販売コストは変わりません。
どれが売れてくれても万々歳です。
結局は普段チョコレートなんてひとつくらいしか買わない人が3つも買ってくれるのですから、このキャンペーンはそのあたりを考えているのですね。
3倍といっても、もともとチョコレートなんて興味がなかったお客に「チョコレートのカカオ効果」という切り口で3つも買わせたことになるのですから流石かもしれません。

お客は「迷ったり悩んだ時点で購買意欲がそそられる」ということなんです。
商品名も「チョコレート効果」という一見チョコレートを購入しようとする顧客からは少しずれています。
そして、このカカオ99%の商品だけ少しサイズを小さくしてあらに高級感のあるものしています。
その点もますますお役が悩むポイントを演出してます。
私が買ったカカオ99%のチョコレートはもはやチョコレートとはいえないほど苦かったですけどね(個人的な感想)
商品名に「チョコレート効果」というネーミング
さらには
「バリエーション効果」これも数字を使ったうまいキャンペーンですね。
なにかあなたのビジネスに生かせるポイントはありませんか?
あえて、お客を迷わせる商品構成も時には有効なんです。
でも、トリッキーなので長続きを期待してはいけませんけどね
ゴミ屋敷 片付け コツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です