あえてお客を迷わせるセールス手法

今の時代、なかなか財布のひもを緩めてはくれないのがお客さんです。
吟味に吟味を重ねて買い物をするおが当たり前に時代です。
たしかにあなたの商品を衝動買いしてくれることに越したことはないのですが、それには「ブーム」や「圧倒的な他社製品との差別化」「圧倒的な価格の安さ」などとても乗り越えられないハードルがありあmす。

そこで少し視点を変えて
「あえてお客を迷わせる」という手法も知っておいてください。
明治製菓の例を紹介しておきます。
この明治製菓はあるチョコレートを3種類同時発売しました。
ひとつはカカオ成分72%
二つ目はカカオ成分86%
三つめはカカオ成分99%
そこで明治製菓は「チョコレートのカカオ効果」という切り口でキャンペーンを行いました。
最初から3つすべてを買う人は少ないかもしれm線。
例えばカカオ72%のチョコレートとカカオ99%のチョコレートを買った人がいるとすると、次は86%のチョコレートが気になってきます。
あるいはカカオ99%のチョコレートを買った人は「やっぱり苦すぎるな」と次はカカオ86%のチョコレートやカカオ72%のチョコレートが気になってきます。
要はメーカーにとっては販売コストは変わりません。
どれが売れてくれても万々歳です。
結局は普段チョコレートなんてひとつくらいしか買わない人が3つも買ってくれるのですから、このキャンペーンはそのあたりを考えているのですね。
3倍といっても、もともとチョコレートなんて興味がなかったお客に「チョコレートのカカオ効果」という切り口で3つも買わせたことになるのですから流石かもしれません。

お客は「迷ったり悩んだ時点で購買意欲がそそられる」ということなんです。
商品名も「チョコレート効果」という一見チョコレートを購入しようとする顧客からは少しずれています。
そして、このカカオ99%の商品だけ少しサイズを小さくしてあらに高級感のあるものしています。
その点もますますお役が悩むポイントを演出してます。
私が買ったカカオ99%のチョコレートはもはやチョコレートとはいえないほど苦かったですけどね(個人的な感想)
商品名に「チョコレート効果」というネーミング
さらには
「バリエーション効果」これも数字を使ったうまいキャンペーンですね。
なにかあなたのビジネスに生かせるポイントはありませんか?
あえて、お客を迷わせる商品構成も時には有効なんです。
でも、トリッキーなので長続きを期待してはいけませんけどね
ロレックス ボロボロ 形見 修理

銀行員はお金を定期預金には預けない

銀行員は一生懸命顧客に「定期預金」をすすめてくるのですが
実は銀行員自身は自分のお金を定期預金には預けないという現実をご存知でしょうか・
普通預金の残高がある程度ある顧客
ボーナスが入る時期
損なタイミングで銀行員はわざわざ訪問してきてまで定期預金を勧めてきます。
「普通預金に置いておくよりも有利ですよ」
これはその時の常套句ですよね。

今のメガバンクの定期預金は1年物で0.002%です。
1年 百万円を預けて2000円です。
確かに「定期預金に預けていたら安心」というイメージはありますが、ただそれだけです。
減りはしないけど増えはしない!ということなんです。
1980年代後半から1990年前半くらいまでの定期預金の金利は年5.0%
100万円を預けたら1年で105蔓延になっていたのです。
その時代には、複利で預け続けていれば十数年で倍になる?
そんな期待すらできる時代だったのです。

■72の法則
72の法則
それは「72を金利の数字で割って出た答えが、預けたお金が倍になるまでの年数」
という法則で。
例えば1990年代頃の定期預金の金利5%ならば
72 ÷ 5 = 14.4
つまり14年くらい預け続けていればほぼ倍になるという試算ができます。

しかし、今の定期預金の金利は0.002%
72 ÷ 0.002 = ?????? 
計算しようとしましたが止めておきます。
少なくとも今預けたら私が生きている間どころか孫・ひ孫の時代いなっても無理でしょうね。

■ 銀行の破綻リスク
定期預金は安全
ただの金庫替わりに使う方がほとんどでしょう。
しかし、今は何があるかわからない時代です。
確かに今までは銀行がつぶれることはありませんでした。
潰れそうになるとどこかの銀行に吸収合併させtらり公的資金投入でてごまかしてきました。
しかし北海道拓殖銀行など銀行の破綻は決してないとは言えない時代になってkぃています。
そのために預金保険制度という預金者の保護される制度はありますが、それも1000万円まで元本までです。

■金利とリスクを考えたら定期預金以外の金融商品だが・・・
定期預金の金利とリスクを考えたら、他の金融商品が有利なことは間違いありません。
でも今の日本ではそんな情報がまったく得ることが出来ないのです。
そちらの方が問題かもしれませんね。
諸外国では小学校の時代からお金を増やすことの勉強が盛んです。
あえてまだ幼い子供に少額のお金を預けて運用の練習をさせる親もいるくらいです。
金婚式 プレゼント 変わり種

保険会社の保険を見直してお金を増やす

お金を増やしている人が入っている保険は意外と共済や掛け捨ての保険しか入っていないことって多いんです。
金融関係の人は保険会社がいかに儲かっているかをよく知っています。
どこの生命保険会社も都心の超一等地にピッカピカのきれいなところにビルを構えています。
それだけでも生命保険会社がどれだけもうかっているかわかることでもあります。
また生命保険会社で働く方々の給料は高収入の金融業界の中でも特に高いことはよく知られています。
ということは・・・・

■生命保険会社の勧めてくる商品ほど自分たちがよく儲かる商品であることが多い
これはなにも生命保険会社に限ったことではありません。
金融業界では自分たちの儲かる商品を売ることに躍起になっているのはどこも同じです。
銀行であれば
・投資新滝うの販売
・クレジットカードの紹介
みんな同じ発想で顧客に強くすすめてくるのです。

そんなからくりがよくわかっているお金を増やす人ほど、生命保険会社が進めてくる商品、特に貯蓄型生命保険はあまり入っていません。
基本的に「生命保険は必要最小限のものでいい」と考えている方がほとんどです。
しかし、これとは逆にお金があまり増やせない人ほどたくさんの生命保険に加入しているものです。
お金を増やせる人がなぜ「生命保険は必要最低限でいい」というのが以下の3つのポイントです。

①団体信用生命保険
住宅ローンの返済途中に脂肪・高度障害になった場合に本人に代わって住宅ローン残高支払ってくれるせう名保険です。
これに入っておけば万一の場合でも少なくとも家族には家を残すことが出来ます。
多額の生命保険は不要だということです。

②遺族基礎年金
世帯主が死亡した場合に遺族に給付される公的な年金制度です。
日本は諸外国に比べても手厚い内容となっています。
これを考えればますます高額な生命保険が不要であることも言えます。

③高額医療制度
医療費が100万円かかる治療を受けても、一般的な所得層なら月額9万円の負担で済む制度です。
これがあるので高額な医療保険に入る必要性を見直すべきかもしれません。
オリーブスマートイヤー お試し

結論から言うと
「学資保険」
「養老保険」
など積み立て型保険に入る必要性はあまりないのです。
預金が超低金利時代の今、保険も同じく超低金利です。
さらに中途解約すると大損もします。
ですから目的や使用時期が明確でない保険はあ、ありお勧めできないのです。
唯一のメリットといえば、年末調整や確定申告で若干の節税対策になることくらいです。